日本の陶器と海外の洋食器の違い

色々な食器

食器というと世界中に溢れるほどの種類が存在し、製法はもちろんのこと、使用用途に合わせた色や形、柄に至るまで数え切れないほど多種多様なデザインが生み出されています。中でも食文化の違いが影響することによって必要とされる使いやすい形が変わってきたり、視覚的にも食事を楽しむために色やデザインの異なりとして食器の違いが出てきます。

特に日本における和食文化は海外の洋食文化とは大きく違う点が多くあります。

例えば、日本食の代表といえば白米とお味噌汁などの汁物、そして漬け物などの副菜が挙げられます。この点だけ見てもあまり馴染みのない白米と汁物専用の食器は海外にはあまり必要とされておらず、ごはん茶碗やお味噌汁のお椀などは見かけられません。また、日本食の食べ方として特徴的で洋食と真逆とも言えるものの中に、食器を持ち上げて口まで運ぶという動作があります。

洋食では基本的にはお皿は持ち上げずスプーンやフォークを用いて口まで運びます。一方、日本食ではお椀や小鉢を持ち上げて箸で口まで運ぶという作法が良しとされています。

この大きな違いは食器の製法にも影響を及ぼしており、持ち上げることなく食事をする洋食器は和食器よりも重い作りになっています。しかし、持ち上げる作法を必要とする和食器は材質に粘土を用いた陶器にすることで軽量化が図られています。もちろん陶器は洋食器にもたくさんありますが、粘土と陶石を用いた陶磁器であることが多いです。

日本の陶器と海外の統一感のある洋食器

洋食器

海外の洋食器の特徴の一つとして、統一感のある複数の食器で構成されていることが多いというのが挙げられます。これは欧米人の文化、感性なのでしょう。大皿、小皿など複数の食器を揃える際には、大きさの違いは致し方ありませんが、その他の点、例えば形や色、デザインなどには全て統一感を持たせるようにすることが普通です。またデザインについても、シンメトリックな図形を用いるなどすることが多いです。西洋の庭で、幾何学的な図形や直線で区切られているものを見たことのある人も多いでしょうが、欧米人はこのように幾何学的に揃っている、整っている、調和が取れていることに美しさや価値を見出す傾向にあるようです。

翻って日本の食器である陶器では、もちろんこのような意識が皆無というわけではないでしょうが、あまり重要視されません。複数の種類の陶器を揃える場合に、それぞれのデザインや形はできるだけ合わせたものに、という意識を持つ人はあまりいないでしょう。むしろ一つ一つの陶器のデザインや形の違いをそれぞれ楽しむというように、異質なものをうまく組み合わせることで全体として心の安らぎを感じることができるというのが日本人の感性と言えるかもしれません。

キレイな食器